4/18 ゼミ 発想ワークショップ① 〜時計の再発明〜

こんにちは、こんばんは!

 

 

3回生の宇野です。

今回から10名の3回生で代わる代わるゼミの活動を発信していきます。

第2回目のゼミでは春休み中に新3回生が取り組んだ課題の発表の前半が行われました。

 

課題は「時計の再発明」今までにない時計が飛び出しました!

一人目は私、宇野でした。

「朝だよ時計」という朝くらいの時間に起こしてくれる人形型の時計を発表しました。人間の温か味を感じられれば良いなと思い、発明しました。

スクリーンショット 2017-04-21 21.20.39

二人目は星さん

匂いと思い出がリンクしているのではないかというところから、ある時間になるとその時間にあった匂いを出してくれる時計を発明していました。

見た目が鼻なのでシュールな絵面でした。

スクリーンショット 2017-04-21 21.23.33

三人目は早野さん

発明したのはその名も「腹どケーキ」

時計をケーキを見立てて自分の腹時計に合わせて、ケーキを食べて自分の腹時計を表すというものでした。

スクリーンショット 2017-04-21 21.25.26

四人目は南さん

昨日の自分と子供の頃のテンションを時計盤に書き込んで、自分の感受性の違いを示してみてくれました。

みんなで南さんの発明した時計を体験してみました。意外とみんな楽しそうな毎日を過ごしているようでした。

スクリーンショット 2017-04-21 21.33.33

五人目は若井さん

大好きな愛犬のテンションによって通知がされる首輪型の時計を発明していました。

望月先生から「家族が通知が来る時間がわかるようになれば面白い」意見という意見をもらっていました。

スクリーンショット 2017-04-21 21.34.28

 

 

 

ゼミの後には東側広場で「花より団子」なお花見?をしました!

DCIM100GOPROGOPR0035.JPG

早野さんが自分の発表に合わせてホールケーキを買ってきてくれて美味しくいただきました。

次回のゼミ報告は後藤さんの予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です